Powerscan MX




分子イメージングの受託サービス

line1.png

Powerscan MX 仕様

蛍光測定波長
250~900 nm (1 nm刻みで可変)
吸光測定波長 200~999 nm (1 nm刻みで可変)
発光測定波長

300~700 nm (1 nm刻みで可変)

バンドパスフィルタ 9, 13.5, 17, 20 nm
温度管理 4~65℃


Powerscan_MX.gif
Powerscan MX
(DSpharma Biomedical)

パワースキャンMXは、ダブルグレーティングモノクロメーターと4種のバンドパスフィルターにより、自由度の高い測定が可能なマイクロプレートリーダーです。
吸光、蛍光、発光測定が可能で、ウェル内の多ポイント測定、温度コントロール、スペクトラスキャン、吸光光路長補正機能等、様々な機能を備えています。

Powerscan MX を用いた試験について

一般的な蛍光試薬による細胞活性測定やELISA等に使用しております。
波長は可変ですので、様々な波長の蛍光標識の確認や蛍光標識試薬の細胞への取り込み評価等を行うこともできます。


ambience_arrow01_BU.pngin vitro 蛍光イメージング受託サービスへ

ambience_arrow01_BU.png標識合成受託サービスへ

line1.png