eXplore Optix




分子イメージングの受託サービス

line1.png

eXplore Optix 仕様

解像度 (スキャン間隔) 0.5~3.0 mm (0.5 mm刻みで設定可能)
励起波長 (弊社保有の構成) 470~485, 635~640, 735~750 nm
測定波長 (弊社保有の構成)

525, 650, 770 nm

ステージ温度
26~42℃
スキャン範囲 20×8.4 cm


eXplore Optix MX.jpg
eXplore Optix
(GE Healthcare)

eXplore Optix は、in vivo蛍光イメージング装置です。撮像範囲、積算時間やレーザー強度といった測定条件を設定することができます。また、蛍光寿命測定、吸光度測定なども可能です。

eXplore Optixを用いた試験について

蛍光標識された薬剤、タンパク質、細胞などを生体(マウス、ラット)に投与し、撮像することにより、生体内の分布を生きた状態のまま経時的に観察することが出来ます。また、臓器を摘出して撮像することも可能です。


ambience_arrow01_BU.pngin vivo蛍光イメージング受託サービスへ

ambience_arrow01_BU.png標識合成受託サービスへ

line1.png