Tri-Carb 2910 TR




分子イメージングの受託サービス

line1.png

Tri-Carb 2910 TR 仕様

3H測定効率
0-18.6 keV,  60%
14C測定効率
0-156 keV,  95%
エネルギー範囲

2000 keVまで


(Tri-carb)44-72714_LSA_Front_View_1000x1000.jpg
Tri-Carb 2910 TR
(Perkin Elmer)

Tri-Carb 2910 TRは、β核種等の測定に用いられる液体シンチレーションカウンターです。
β線は透過性が低いため、γ線の様に測定装置側で放射線をカウントする事が困難です。液体シンチレーションは、放射線があたると蛍光を発する液体シンチレーターと呼ばれる液体とβ核種を混合し、その蛍光を測定するという手法です。
PET核種やγ核種に比べて測定に手間がかかるためβ核種の使い勝手は良くありませんが、 3H 14C といった放射性同位元素により、多くの化合物で構造をほぼ変化させることなく標識できるため、低分子化合物の標識によく用いられます。

Tri-Carb 2910 TRを用いた試験について

β核種を用いた放射性標識合成試験や、Biodistribution試験に用いております。
Biodistribution試験では、摘出した臓器をホモジナイズし、さらに細胞を溶解させた後に測定します。

ambience_arrow01_BU.pngBiodistribution受託サービスへ

ambience_arrow01_BU.png標識合成受託サービスへ

line1.png