IN Cell Analyzer 1000




分子イメージングの受託サービス

line1.png

IN Cell Analyzer 1000 仕様

解像度
対物レンズにより可変 (弊社では最高 200 nm)
蛍光励起波長 (弊社保有の構成)
360±20, 475±10, 565±15, 620±30 nm
蛍光測定波長 (弊社保有の構成)

460±20, 535±25, 620±30, 700±37.5 nm

その他撮像 明視野、位相差、微分干渉


INCell1000.jpg
IN Cell Analyzer 1000
(GE Healthcare)

IN Cell Analyzer 1000は、セルファンクションイメージャーやイメージングサイトメーターと呼ばれる蛍光顕微鏡で、細胞の色々な現象を画像化し、定量することができます。
ウェルプレートやスライドガラス上の細胞のみならず、切片の撮像も可能です。

IN Cell Analyzer 1000を用いた試験について

本装置は、細胞または切片の蛍光イメージング試験に使用しております。
蛍光標識された薬剤の細胞や臓器等への取り込みの評価、市販の蛍光試薬による細胞活性や生死判定等の評価を行うことができます。
弊社の切片のイメージング試験に用いる装置では最も解像度が高く、細胞レベルで画像化することが可能です。


ambience_arrow01_BU.pngin vitro 蛍光イメージング受託サービスへ

ambience_arrow01_BU.png切片等の蛍光イメージング受託サービスへ

ambience_arrow01_BU.png標識合成受託サービスへ

line1.png